今日のむかつき

今日もあの子にカチンとさせられた。
今日はあの子と二人きりなので予想できていたが。
基本的にあの子は人の助けを請うし、すぐ人の所為にする。
助けを請われたときは快くサポートしているし。
僕の所為にされたら話を聞き流す。
僕はかなり正直なので聞き流していることも伝わっていると思うが。

今日もごく些細なことだ。
蔵の中は狭い。
あらゆる作業は他の作業の邪魔になりうる。
場合によっては気を利かせれば他の作業の邪魔になることを防ぐことが出来る。
今日は僕が気が利かなかった。

具体的には彼がポンプを移動する通路をホースで遮ってしまった。
良くあることだ。
行きは彼が僕に助けを請うたので僕が手を貸してホースの下を潜らせた。
帰りは彼がカチンときたらしく僕を責め始めた。
ちなみに僕ならポンプに手を着けた時点で通路を確認し。
障害物があれば自分の手で通路の確保を行う。
誰にも文句は言わない。
人の手も借りない。
なぜなら器具がを設置するたびに、
将来障害物になりうる可能性を考えていているよりも。
障害物になった時点でのかせた方が作業が迅速に行えると考えるし。
障害物という認識を人に伝えたり人の作業を中断するのは効率が悪いからだ。
あとしょうもない注意は基本的にしないことにしている。
本当に重大な注意が効果的でなくなるから。

そういうわけで口では「あなたの言っていることは正しいです」
と言っていたが。
「また人の所為ですか」という態度で聞き流した。

前から彼のそういう姿勢は気になっていたし、
彼のためにも良くないと考えていたので、
どういえば彼が改めるか考えたが、

「正しいことを言うだけで、自分で何もしない奴は職場では相手にされんのですよ」
とか
「僕があなたのフォローを一日何回黙ってやっていると思っているんですか」
とか(ちなみに今日は気を利かす以前のことを二回は黙ってフォローした。)
「そんなんだから40越して定職にありつけないんですよ」
とか
「奥さんは随分我慢していると思いますよ」
だんだん個人攻撃的な言葉が心の中に出てきたので。
自分の攻撃性を確認した。
純粋に彼のためを思って注意できるようになるまでは何も言わないことに決めた。

あとでさらに考えて、四十年間これなんだから今さら口で言っても変わらないだろうと諦めた。

エキスパート

最近彼の扱いが上手くなった。
いろんな事が許せる。
今さらだがこういう小さい職場では特別扱いが必要だ。
一人一人の能力(適性)や性格をみないで、
一般的に正しい指示を出しても上手くまわらない。
そういうわけで一人一人を特別扱いしないといけない。

脱批判

僕は27年間生きてきて随分良い目や酷い目にあった。
そういうことの多くは僕の責任と言うには良い意味でも悪い意味でも理不尽だったりする。
そもそも僕が生まれたことだって僕の行いとはあんまり関係がない。
多分他の人だってそうだろう。

因果律を信じないと責任は生じないように思えるし。
因果律を信じれば過去については必然性が高すぎて責任とか不可思議になる。
人生は少なくとも過去については選択肢のないさいころゲームのように見える。
ただサイコロで小さい目ばかり出したからと言って馬鹿にしたりしないように、
人の欠点を責めるのはよそうと思う。

心と体

今日そういえば職場でこんな話がでた。
心のせいにするのと体のせいにするのでは随分耳障りが違うねという話。
「今日はちょっと体調が悪いので」
「今日はちょっと心調が悪いので」
仕事を休むにしてもデートをキャンセルするにしても。
当たり障りが随分違う。
「僕は体が弱いので」
「僕は心が弱いので」
前者に同情する人がいても
後者にはあまり同情する人はいないと思う。

体が弱いのは天が定めたことで本人にはいかんともしがたい。
しかし心は本人の責任だ。
とかいう説明がなされるけど。
ちょっと考えればわかる。
そんなことはない。

やっとでた答え

職場にすごく不快な人がいる。
このことは前にも書いたが。
それで僕はずっと考えていた。
この不快な男と僕は一体何処がどう違うんだろう。
なんでこいつはこんなんだろう。
そういや、僕もこんなんだったなぁ。
やっぱあのこがいたからかなぁ。
この人にはあのこがいなかったからかなぁ。
でもやっぱあのこだけじゃぁないんだ。
実家が一戸建で猫飼ってもらったのは大きかった。
猫死んだのも忘れてたけど。


それでわかったことだけど。
結局運の違い。
運が違うだけ。

映画

「ヴァン=ヘルシング」を見た。
吸血鬼モノ
ハズレ感がある。
吸血鬼モノはなんか見てしまうがいまいちなことが多い。
アンダーグラウンド
の方が比較すればよいかも。


僕の一押しは
笑うなら
「鬼畜大宴会」
左翼の内ゲバもので
一人で見ていて大笑いしてしまった。
人間の下品な一面を引き出す。
光の雨
内ゲバものだけど
観ることお薦め。
ゴジラ
は初代が一番。
日本が貧しかった時代が伝わってなかなか。
マルセルの夏休み」シリーズは好き。
男の子がパパとママとで夏休みを南プロヴァンスで過ごす話し。
暖かい家庭が描かれていて、良いです。
グラディエーター
合戦シーンは好きだ。
後ローマの将軍とゲルマン人の女の復讐合戦の映画良かった。
名前忘れたけど。
「レクター」の三部作
生きた人間の脳味噌をスプーンで食べるシーンが最高。
本当に気持ち悪くなる。